ようこそ!JSPパース日本人学校へ

日本にはない日本の教育

レベルの高い日本の義務教育

日本の小・中学校では現在、新学習指導要領に準拠した教育課程を取り入れています。小学校1年生は漢字を80字(小2 160字・小3 200字)習い、小学校2年生はかけ算九九を習得します。

パース日本人学校では日本の標準の小中学校を上回る授業数を確保し、基礎学力の定着に努めています。子どもたちの実力は編入・進学先の現地校、そして日本の学校でも高く評価されています。

 

母語の確立は最も重要

パース日本人学校では、思考、学習表現としての言葉として基礎となる日本語を大切にしています。子どもたちは日本語でしっかりと考え、きちんと判断する力を身につけることで、将来日本で、もしくは海外で生活する場合でも、高等教育や将来の仕事で大変役立つ日本語力を身に付けることが出来ます。基礎教育で得られる日本語は、子どもたちにとって生涯にわたる大きな財産となります。

親子とも安心して学校生活を楽しみ、学習に取り組める環境

駐在家庭のお子さまは特に、数年間という限られた在豪期間の通学となります。慣れない学校システムや英語に苦労している間にも勉強はどんどん進んでいきます。JSPでは日本の学校と遜色ない授業内容・行事編成をしつつ、パースという土地の利点や特性を活かした特色のあるカリキュラムを提供しています。これにより、日本の学校の勉強に遅れをとることなく、更に深い理解・進んだ知識を得ることができ、帰国時にはより高い学力をつけている生徒も大勢います。

真の国際人となるために

保護者の皆さまは、このオーストラリアで子どもたちの豊かな人間性を育みながら、日本人としての感性も大切にしたいと思いませんか。パース日本人学校では、道徳授業やさまざまな教科、生活場面で日本の生活文化・習慣・規範を習得させるとともに定着を図ります。日本文化・社会を理解し、日本の規範や考え方を身につけ、英語など他言語や異文化・国際社会への教養を得て真のグローバル人材となる、そんな心豊かで視野の広い子どもたちの育成を、JSPはめざしています。

JSPの英語教育

パース日本人学校では、日本人の英語習得における弱点や傾向を熟知した経験豊富なネイティブ講師と日本人のバイリンガル英語教員が、生徒一人ひとりの転入学までの英語環境を考慮しつつ、1クラス2教師制のチームティーチングなどを通じて、個別の実力に合わせた英語教育を行っています。日本の小学校で行われている英語活動とは異なり、小学生にもきちんとフォニックス・文法を習得させます。

移民国家であるオーストラリアではESL教育が存在しますが、現地校のESLクラスにはさまざまな国から来たそれぞれに言語環境の異なる生徒が在籍します。日本人としての言語環境に特化した英語教育はJSPならではの特徴です。

JSPの先の進路を見すえて

パース日本人学校では、確かな学力と豊かな人間性をバランス良く育む日本の教育を提供します。これからの世界を背負う子どもたちのために、ぜひ日本人学校での学習を経験させてみてください。

■小学校低学年のお子様をお持ちの皆様 (Y1-Y2)

低学年の充実した教育課程を通じて、日本人学校で基礎的な教育、日本の文化・規範を身に付けることが出来ます。学習言語としての日本語が定着するのはこの時期です。

■小学校低学年から中学年のお子様をお持ちの皆様 (Y3-Y4)

日本語が定着し発展する大切な時期を、ぜひ日本人学校で過ごさせてください。本校の英語授業と合わせ、日頃の英語環境の中で身につけた語学力で本校から現地校へ巣立つ子どもたちも多くいます。JSPを巣立った子どもたちは現地校に進学後も問題なく溶け込み立派な成績を修め、それぞれの進路に進んでいます。

■小学校高学年から中学生のお子様をお持ちの皆様 (Y5-Y9)

中学卒業後、日豪の上級学校への進学に向けて、十分な学力が身につくよう指導します。

進路についての不安にも、ベテラン教員が相談に応じます。

 

 確かな学力と豊かな人間性を育む日本の教育と

豪州の私立学校という性質も持ち合わせたJSP。

次世代を担う子どもたちに日豪の融合した学習環境を!

学校便り

  • PTAのご協力に感謝!今年1回目のカレーの日

    6月22日

    昨年度から始まったPTAの「カレーの日」

    今日は、今年度第1回目です。

    PTAの方々は、朝から準備に大忙し。

    そして、昼近くになると校舎中においしい匂いが漂いました。

    カレーの匂いにつられて、子どもや教師のお腹の虫が目を覚まします。

    いよいよ待ちに待ったカレーが目の前に準備されました。

    今回のカレーは「チキンカレー」です。

    子どもに合わせた甘さで、子どもたちに大人気。

    教室は「おいしい」の大合唱です。

    みんなペロリとたいらげました。

    お忙しい中、子どもたちのためにカレーを作ってくださったPTAの方々に感謝です。

    ※次のカレーの日は8月31日(予定)です。

         

  • 素敵な笑顔を届けてきました

    6月21日

    1,2,3年生が、日本人学校の近くにあるオーシャンガーデンへ行きました。

    この日に向けて、司会や挨拶の言葉、歌などを英語で練習してきました。

    さらに、日本の昔遊びであるけん玉、コマ、お手玉を特訓しました。

    そして迎えた当日。

    多くのおじいさんやおばあさんが会場へ足を運んでくださいました。

    子どもたちが笑顔で歌ったり、昔遊びを披露したりするたびに、大きな拍手が起こりました。

    一緒に行った「福笑い」では、いろいろな顔ができあがり、

    できあがった「おかしな顔」を見るたびに、子どもたちと一緒に笑顔になるオーシャンガーデンの方々でした。

    最後はWaltzing Matilda を一緒に歌い、幕を閉じました。

    今年も日本の文化を通して、現地の方と交流したパース日本人学校の子どもたち。

    交流学習を通して、日本の昔遊びの良さにも気づくことができました。

    交流が終わった後も、けん玉名人、コマ名人、おてだま名人を目指して練習していた子どもたちでした。

       

  • English Day

    6月15日

    今日は一日English Day ということで、カバシャムワイルドライフパークへ行きました。

    ここには、ウォンバットやカンガルー、コアラなどがいるので子どもたちも楽しむことができました。

    この校外学習の目的は、「学校で学習している英会話を、外で使ってみよう!」です。

    早速、現地へ向かうバスの中では中学部や小学部高学年がリーダーとなりレクを行いました。

    英語でのしりとりや、英語での連想ゲーム、I spy をしているグループもありました。

    いざ、ワイルドライフパークへ着くと、子どもたちはとても楽しそうに過ごしていました。

    ただ楽しむだけでなく、看板を見て動物の名前のスペルを確認したり、

    動物のショーに参加して感じたりしたことを英語で書き留めている姿も見られました。

    日本から転入したばかりの子も、知っている単語や、書かれている単語を使って文を書いていました。

    実際に英語を使うことで、英語の良さを感じ、これからの英語学習の意欲につながることを期待しています。

    また、こういった機会を通して異文化との交流に積極的になれる児童・生徒になってほしいと思います。

過去の学校便りを見る>