• home-slide-1
  • home-slide-2
  • home-slide-3

ようこそ!JSPパース日本人学校へ

日本にはない日本の教育 -日本の教育 未来形―

レベルの高い日本の義務教育

日本の小学校では2011年度、中学校では2012年度から新学習指導要領に準拠した教育課程を取り入れています。脱ゆとり教育を目指し、大きく舵を切った日本の義務教育、学ぶ内容も増え授業時間数が大幅に増えています。これに伴い、学習の難易度も上がっています。日本の小学校1年生で習う漢字は80字(小2 160字・小3 200字)、また世界でも認められている日本の優れたかけ算九九を小2で習得します。
JSPでは、日本の法定時間数を上回る授業時数を確保し更なる学力向上を図っており、帰国時に秀でた学力をもって日本の学校へ編入できるよう努めています。
世界でもトップレベルの日本の義務教育をオーストラリアでも受けることが可能なのは、パース日本人学校の最大の魅力といえます。しかも同時に英語力も伸ばせるとしたら・・・、これこそ日本の教育 未来形です。

母語の確立は最も重要

母語としての日本語を確実に身につけ、日本語でしっかりと考えたり、きちんと判断したりする力を培うことは、こどもにとって生涯にわたる大きな財産となります。そのためには小学校低学年から、必要な時期にきちんとした方法で習得することが大切です。

親子とも安心して学校生活を楽しみ、学習に取り組める環境

駐在家庭のお子さまは特に、数年間という限られた在豪期間の通学となります。慣れない学校システムや英語に苦労している間にも勉強はどんどん進んでいきます。JSPでは日本の学校と遜色ない授業内容・行事編成をしつつ、パースという土地の利点や特性を活かした特色のあるカリキュラムを提供しています。これにより、日本の学校の勉強に遅れをとることなく、更に深い理解・進んだ知識を得ることができ、帰国時にはより高い学力をつけている生徒も大勢います。

国際人に求められる力とは?

せっかく英語圏に来たのだから現地校へ通って国際人に?
そんな簡単なものではありません。
現地校に通っただけではバイリンガルにはなれません!国際社会で活躍するには 日本人として日本語の確立はもちろん、日本文化・社会への理解が大前提となります。日本の規範や考え方を身に付けたうえで、英語など他言語や異文化・国際社会への 知識を得て真のバイリンガル・バイカルチャーとなるのです。

移民国家であるオーストラリアではESL教育が盛んですが、現地校のESLクラスには紛争地域からの難民の子供たちや、学校生活をしたことのない子供、または欧州など母国語でアルファベットに慣れ親しんでいる子供、などあらゆるバックグラウンドの生徒が在籍します。

JSPでは経験豊富なネイティブ講師と日本人のバイリンガル英語教員が日本人の弱点や傾向を掴んだうえで、1クラス2教師制のチームティーチングなども取り入れ、日本人に特化した英語教育を行っています。

日本への進学

現地校へ通って「帰国生入試」で中学・高校に入学する、本当にこれで大丈夫ですか?英語に頼りすぎることは危険です。
帰国して先ず問われるのは、やはりしっかりとした日本の学力!

また受験突破には正確な情報や「受かるための技術」も必要となります。JSPでは日本の各教育機関や学校と連携を図り、受験・進学対策にも力を入れています。

 確かな学力と豊かな人間性をバランス良く育む日本の教育。
いずれ日本に帰るのなら、迷わずパース日本人学校へ!

学校便り

  • 去年に引き続き今年も快挙!★作文コンクール入賞おめでとう!

    1ねんせい海外子女教育振興財団主催の第35回海外子女文芸作品コンクールにおいて、本校の小学1年生が4名も入賞を果たしました。 受賞生徒は、豪州生まれであったり海外滞在が長期に渡りながらも、本校入学以来しっかりとした日本語を身につけ、語彙や表現力を伸ばしてきた結果、特選や企業賞そして佳作に選ばれました。 本校低学年では、法定時数を大きく上回る国語科授業を中心に、学習言語の正しい理解力、表現力を定着させるともに、子どもならではの柔軟な発想を大切にした「思考することが楽しくなる授業」を日々展開しており、去年も1年生が同コンクールに入賞を果たしています。

  • 大学から高性能顕微鏡がやってきた!

    本校理科教室に、名古屋大学大学院医学系研究科第二病理教室よりディスカッション顕微鏡が寄贈されました。長い間、大学院での研究・教育に使用されていた顕微鏡で、最高倍率2000倍、最大10名が同時に顕鏡できるという高性能の顕微鏡です。恐らく、世界中どこの日本人学校を探しても、また日本のどこの小中学校を探してもこの様な顕微鏡はないのではないでしょうか。今回、海外で学ぶ日本の子どもたちに最先端の理科教育を、という名古屋大学のご厚意でこの顕微鏡が本校にやって来ました。中学生や6年生の手で部品一つ一つを組み上げた後、早速顕微鏡を覗いてみると、余りの顕鏡像の美しさに生徒たちからため息が漏れるほど…。これからこの顕微鏡を通して、多くの発見、学びを得ることでしょう。将来、ここパース日本人学校から未来の研究者が生まれるかもしれません。 顕微鏡

  • ワイルドフラワー観察会

    WF本校はボールドパークという自然保護区の一角にあり、毎年9月になると西オーストラリアの春の風物詩ワイルドフラワーが学校周辺に咲き始めます。そこで、現地理解教育の一環として、オーストラリアネイチャーガイドの資格を持つ中台先生が講師となって、ワイルドフラワーの観察をしました。子どもたちだけではなく、たくさんの保護者の方にも参加して頂きました。こんな身近なところにもオーストラリア固有種の群落があったり、生態系に悪影響を及ぼす移入種があったりと、オーストラリアの生態系を垣間見ることができるのですね。また来年のワイルドフラワーの時期が楽しみです!

過去の学校便りを見る>