• home-slide-1
  • home-slide-2
  • home-slide-3

ようこそ!JSPパース日本人学校へ

日本にはない日本の教育

レベルの高い日本の義務教育

日本の小・中学校では現在、新学習指導要領に準拠した教育課程を取り入れています。小学校1年生は漢字を80字(小2 160字・小3 200字)習い、小学校2年生はかけ算九九を習得します。

パース日本人学校では日本の標準の小中学校を上回る授業数を確保し、基礎学力の定着に努めています。子どもたちの実力は編入・進学先の現地校、そして日本の学校でも高く評価されています。

 

母語の確立は最も重要

パース日本人学校では、思考、学習表現としての言葉として基礎となる日本語を大切にしています。子どもたちは日本語でしっかりと考え、きちんと判断する力を身につけることで、将来日本で、もしくは海外で生活する場合でも、高等教育や将来の仕事で大変役立つ日本語力を身に付けることが出来ます。基礎教育で得られる日本語は、子どもたちにとって生涯にわたる大きな財産となります。

親子とも安心して学校生活を楽しみ、学習に取り組める環境

駐在家庭のお子さまは特に、数年間という限られた在豪期間の通学となります。慣れない学校システムや英語に苦労している間にも勉強はどんどん進んでいきます。JSPでは日本の学校と遜色ない授業内容・行事編成をしつつ、パースという土地の利点や特性を活かした特色のあるカリキュラムを提供しています。これにより、日本の学校の勉強に遅れをとることなく、更に深い理解・進んだ知識を得ることができ、帰国時にはより高い学力をつけている生徒も大勢います。

真の国際人となるために

保護者の皆さまは、このオーストラリアで子どもたちの豊かな人間性を育みながら、日本人としての感性も大切にしたいと思いませんか。パース日本人学校では、道徳授業やさまざまな教科、生活場面で日本の生活文化・習慣・規範を習得させるとともに定着を図ります。日本文化・社会を理解し、日本の規範や考え方を身につけ、英語など他言語や異文化・国際社会への教養を得て真のグローバル人材となる、そんな心豊かで視野の広い子どもたちの育成を、JSPはめざしています。

JSPの英語教育

パース日本人学校では、日本人の英語習得における弱点や傾向を熟知した経験豊富なネイティブ講師と日本人のバイリンガル英語教員が、生徒一人ひとりの転入学までの英語環境を考慮しつつ、1クラス2教師制のチームティーチングなどを通じて、個別の実力に合わせた英語教育を行っています。日本の小学校で行われている英語活動とは異なり、小学生にもきちんとフォニックス・文法を習得させます。

移民国家であるオーストラリアではESL教育が存在しますが、現地校のESLクラスにはさまざまな国から来たそれぞれに言語環境の異なる生徒が在籍します。日本人としての言語環境に特化した英語教育はJSPならではの特徴です。

JSPの先の進路を見すえて

パース日本人学校では、確かな学力と豊かな人間性をバランス良く育む日本の教育を提供します。これからの世界を背負う子どもたちのために、ぜひ日本人学校での学習を経験させてみてください。

■小学校低学年のお子様をお持ちの皆様 (Y1-Y2)

低学年の充実した教育課程を通じて、日本人学校で基礎的な教育、日本の文化・規範を身に付けることが出来ます。学習言語としての日本語が定着するのはこの時期です。

■小学校低学年から中学年のお子様をお持ちの皆様 (Y3-Y4)

日本語が定着し発展する大切な時期を、ぜひ日本人学校で過ごさせてください。本校の英語授業と合わせ、日頃の英語環境の中で身につけた語学力で本校から現地校へ巣立つ子どもたちも多くいます。JSPを巣立った子どもたちは現地校に進学後も問題なく溶け込み立派な成績を修め、それぞれの進路に進んでいます。

■小学校高学年から中学生のお子様をお持ちの皆様 (Y5-Y9)

中学卒業後、日豪の上級学校への進学に向けて、十分な学力が身につくよう指導します。

進路についての不安にも、ベテラン教員が相談に応じます。

 

 確かな学力と豊かな人間性を育む日本の教育と

豪州の私立学校という性質も持ち合わせたJSP。

次世代を担う子どもたちに日豪の融合した学習環境を!

学校便り

  • オートパイロットにならないようにしましょう

    先日、今年度三回目の授業参観を行いました。 当日はお忙しい中、多くの保護者の方にご参観いただき、 日ごろの学習の積み重ねや、学習の様子を見てもらいました。 お家の人が来て、はりきる子どもたち。 それぞれの子どもたちに、多くの発表の機会がありました。 授業参観の後は、PTA研修会です。 今回はWASO 小松茂さんによるチェロの演奏です。 当日は素敵な演奏を聴かせていただいただけではなく、子どもたちからの多くの疑問・質問にも答えていただきました。 その中でも… 「どうしたら、音楽が上手になりますか。」という質問に 「練習中は、オートパイロットにならないようにしましょう。」というお答えをいただきました。 しっかりと自分がやっていることを意識しながら、毎日の練習をしていくことが重要だそうです。 この言葉は、多くの保護者の方々に響いたようです。 JSPではPTAの方々のご協力により、子どもたちにとって有意義な活動が実施されています。 オーストラリアでご活躍されている日本の方と交流が持てるのも、本校の良さの一つです。

  • 運動会が無事に開催されました!

    8月26日にSPSとの合同運動会が天気の良い中、無事に行われました。 チャンピオンレースや、スプリント、スカボロ小学校の種目などで盛り上がった午前中。 白熱の争いが、それぞれの場面で見られました。 ランチタイムが終わると、午後は「よっちょれソーラン」を披露。 全校で取り組んだ表現活動ですが、途中でCDの音が消えてしまうというトラブル発生。 しかしそんなトラブル にも負けず、子どもたちは保護者からの手拍子に合わせて踊り続けます。 途中から始まった手拍子は、SPS児童も含めた全員の手拍子に代わり、会場全体が一体となった踊りになりました。   合同運動会では、徒競走や走り幅跳びなどの陸上競技を行う現地の運動会に加え、 「大玉ころがし」や「台風リレー」、「玉入れ」、「綱引き」などの、日本的な種目も行います。このような種目では、SPSの保護者や子どもたちにも多いに楽しんでもらいました。 年に一度行われる、SPSとJSPの合同運動会。 ここでしかできない文化交流を体験をした子どもたちでした。 綱引き 玉入れ トンネルボール      

  • SPSとの運動会合同練習

    8月5日と19日に、スカボロ小学校で運動会の練習を行いました。

    今年度は、ランチから一緒に過ごすことに!

    最初はSPSの児童の勢いに押され気味の、JSPの子どもたち。

    初めての体験で、どうしていいかわからずに時間が過ぎていきます。

    しかし、ランチ後の休憩時間になるとSPSの子と遊ぶ姿がいろいろなところで見られました。

    グラウンドでは大人数でサッカー。

    バスケットコートでは、SPSの児童に挑むJSPの児童の姿。

    スパイダーウェブで追いかけっこしている児童。

    時間が経つにつれて、JSPとSPSの児童の関わりが増えていきました。

    その後行われたSPS種目やJSP種目の練習では、お互いに声をかけあう姿も見られました。

    合同練習を通して、交流の仕方や交流の良さに気がつくことができました。

    来週はいよいよ本番でです。本番での子どもたちの活躍をご期待ください。

    運動会練習 運動会練習2 運動会練習3

過去の学校便りを見る>