ようこそ!JSPパース日本人学校へ

日本にはない日本の教育

レベルの高い日本の義務教育

日本の小・中学校では現在、新学習指導要領に準拠した教育課程を取り入れています。小学校1年生は漢字を80字(小2 160字・小3 200字)習い、小学校2年生はかけ算九九を習得します。

パース日本人学校では日本の標準の小中学校を上回る授業数を確保し、基礎学力の定着に努めています。子どもたちの実力は編入・進学先の現地校、そして日本の学校でも高く評価されています。

 

母語の確立は最も重要

パース日本人学校では、思考、学習表現としての言葉として基礎となる日本語を大切にしています。子どもたちは日本語でしっかりと考え、きちんと判断する力を身につけることで、将来日本で、もしくは海外で生活する場合でも、高等教育や将来の仕事で大変役立つ日本語力を身に付けることが出来ます。基礎教育で得られる日本語は、子どもたちにとって生涯にわたる大きな財産となります。

親子とも安心して学校生活を楽しみ、学習に取り組める環境

駐在家庭のお子さまは特に、数年間という限られた在豪期間の通学となります。慣れない学校システムや英語に苦労している間にも勉強はどんどん進んでいきます。JSPでは日本の学校と遜色ない授業内容・行事編成をしつつ、パースという土地の利点や特性を活かした特色のあるカリキュラムを提供しています。これにより、日本の学校の勉強に遅れをとることなく、更に深い理解・進んだ知識を得ることができ、帰国時にはより高い学力をつけている生徒も大勢います。

真の国際人となるために

保護者の皆さまは、このオーストラリアで子どもたちの豊かな人間性を育みながら、日本人としての感性も大切にしたいと思いませんか。パース日本人学校では、道徳授業やさまざまな教科、生活場面で日本の生活文化・習慣・規範を習得させるとともに定着を図ります。日本文化・社会を理解し、日本の規範や考え方を身につけ、英語など他言語や異文化・国際社会への教養を得て真のグローバル人材となる、そんな心豊かで視野の広い子どもたちの育成を、JSPはめざしています。

JSPの英語教育

パース日本人学校では、日本人の英語習得における弱点や傾向を熟知した経験豊富なネイティブ講師と日本人のバイリンガル英語教員が、生徒一人ひとりの転入学までの英語環境を考慮しつつ、1クラス2教師制のチームティーチングなどを通じて、個別の実力に合わせた英語教育を行っています。日本の小学校で行われている英語活動とは異なり、小学生にもきちんとフォニックス・文法を習得させます。

移民国家であるオーストラリアではESL教育が存在しますが、現地校のESLクラスにはさまざまな国から来たそれぞれに言語環境の異なる生徒が在籍します。日本人としての言語環境に特化した英語教育はJSPならではの特徴です。

JSPの先の進路を見すえて

パース日本人学校では、確かな学力と豊かな人間性をバランス良く育む日本の教育を提供します。これからの世界を背負う子どもたちのために、ぜひ日本人学校での学習を経験させてみてください。

■小学校低学年のお子様をお持ちの皆様 (Y1-Y2)

低学年の充実した教育課程を通じて、日本人学校で基礎的な教育、日本の文化・規範を身に付けることが出来ます。学習言語としての日本語が定着するのはこの時期です。

■小学校低学年から中学年のお子様をお持ちの皆様 (Y3-Y4)

日本語が定着し発展する大切な時期を、ぜひ日本人学校で過ごさせてください。本校の英語授業と合わせ、日頃の英語環境の中で身につけた語学力で本校から現地校へ巣立つ子どもたちも多くいます。JSPを巣立った子どもたちは現地校に進学後も問題なく溶け込み立派な成績を修め、それぞれの進路に進んでいます。

■小学校高学年から中学生のお子様をお持ちの皆様 (Y5-Y9)

中学卒業後、日豪の上級学校への進学に向けて、十分な学力が身につくよう指導します。

進路についての不安にも、ベテラン教員が相談に応じます。

 

 確かな学力と豊かな人間性を育む日本の教育と

豪州の私立学校という性質も持ち合わせたJSP。

次世代を担う子どもたちに日豪の融合した学習環境を!

学校便り

  • 不審者対応の避難訓練をしました

    8月16日 6時間目に、避難訓練を行いました。 今回は、不審者が来た時の避難の仕方です。 各学年で、「おはしもち」と「いかのおすし」について事前に学習しました。 訓練が始まると、教室でバリケードを設置して待機します。 その後、避難指示が出ると学校の外にある避難場所へ移動しました。 どこ子も、静かに素早く行動することができました。 訓練が終わった後は、領事館の方から子どもたちへ「いかのおすし」の話をしていただきました。 いか…ついていかない の…のらない お…大声を出す。 す…すぐ逃げる し…知らせる 万が一の時に備えて行った、訓練。 今日学んだことを、忘れずに生活してほしいと思います。  

  • 分別について考えよう

    8月8日

    ゴミの分別について、中学生が全校へアナウンスをしました。

    英会話学習の一環で、リサイクルについて学んでいる中学生。

    学んでいることを、小学生のみんなにも紹介してくれました。

    どういったものがリサイクルできるのかを、空き缶や段ボールなどを使って伝えました。

    各学年の教室に「リサイクル用」と「一般ごみ用」のゴミ箱を用意し、

    子どもたちが分別に意識をもって取り組むことができる用意もしてくれました。

    学んだことを、実生活に活かしていくことも大切な学習の一つ。

    体験しながら、ゴミの分別やリサイクル、地球の環境などにも興味関心を広げられるといいですね。

     

  • 第一回学校説明会が行われました

    7月30日 第一回学校説明会が行われました。 当日は、9家庭参加していただきました。 学校案内から始まり、学校生活についての説明、 その後、本校の保護者、職員と自由に話をしました。 今回は、飲食をしながらゆったりとした雰囲気で懇談会を行いました。 ご参加された方々の多くが、不安に思っていることを直接聞くことができ、 とても満足して帰られました。 今回参加されたご家庭は、来年度から新入生の場合もあれば、 まだ入学までには時間のあるご家庭の方々もいました。 次回は11月5日に開催予定です、 少しでもご興味のある方は、是非ご連絡ください。

過去の学校便りを見る>