• home-slide-1
  • home-slide-2
  • home-slide-3

ようこそ!JSPパース日本人学校へ

日本にはない日本の教育 -日本の教育 未来形―

レベルの高い日本の義務教育

日本の小学校では2011年度、中学校では2012年度から新学習指導要領に準拠した教育課程を取り入れています。脱ゆとり教育を目指し、大きく舵を切った日本の義務教育、学ぶ内容も増え授業時間数が大幅に増えています。これに伴い、学習の難易度も上がっています。
パース日本人学校では、この日本の法定時間数を上回る授業時数を確保し、更なる学力向上を図っています。
世界でもトップレベルの日本の義務教育をオーストラリアでも受けることが可能なのは、パース日本人学校の最大の魅力といえます。しかも同時に英語力も伸ばせるとしたら・・・、これこそ日本の教育 未来形です。

母語の確立は最も重要

母語としての日本語を確実に身につけ、日本語でしっかりと考えたり、きちんと判断したりする力を培うことは、こどもにとって生涯にわたる大きな財産となります。そのためには小学校低学年から、必要な時期にきちんとした方法で習得することが大切です。

国際人に求められる力とは?

せっかく英語圏に来たのだから現地校へ通って国際人に?
そんな簡単なものではありません。
現地校に通っただけではバイリンガルにはなれません!国際社会で活躍するには 日本人として日本語はもちろん、日本の規範や考え方、そして豪州や国際社会への 理解を両方ともバランス良く学ぶことが重要です。
パース日本人学校では、 帰国した時に日本の学校生活で困らないよう、学習面、生活面の指導を徹底しています。

帰国生入試は万能か?

現地校へ通って「帰国生入試」で中学・高校に入学する、本当にこれで大丈夫ですか?英語に頼りすぎることは危険です。
帰国して先ず問われるのは、やはりしっかりとした日本の学力!
今、本当に必要なのは何か?少し先を見て、こどもの進路を考えることが重要です。

 確かな学力と豊かな人間性をバランス良く育む日本の教育。
いずれ日本に帰るのなら、迷わずパース日本人学校へ!

学校便り

  • 大学から高性能顕微鏡がやってきた!

    本校理科教室に、名古屋大学大学院医学系研究科第二病理教室よりディスカッション顕微鏡が寄贈されました。長い間、大学院での研究・教育に使用されていた顕微鏡で、最高倍率2000倍、最大10名が同時に顕鏡できるという高性能の顕微鏡です。恐らく、世界中どこの日本人学校を探しても、また日本のどこの小中学校を探してもこの様な顕微鏡はないのではないでしょうか。今回、海外で学ぶ日本の子どもたちに最先端の理科教育を、という名古屋大学のご厚意でこの顕微鏡が本校にやって来ました。中学生や6年生の手で部品一つ一つを組み上げた後、早速顕微鏡を覗いてみると、余りの顕鏡像の美しさに生徒たちからため息が漏れるほど…。これからこの顕微鏡を通して、多くの発見、学びを得ることでしょう。将来、ここパース日本人学校から未来の研究者が生まれるかもしれません。 顕微鏡

  • ワイルドフラワー観察会

    WF本校はボールドパークという自然保護区の一角にあり、毎年9月になると西オーストラリアの春の風物詩ワイルドフラワーが学校周辺に咲き始めます。そこで、現地理解教育の一環として、オーストラリアネイチャーガイドの資格を持つ中台先生が講師となって、ワイルドフラワーの観察をしました。子どもたちだけではなく、たくさんの保護者の方にも参加して頂きました。こんな身近なところにもオーストラリア固有種の群落があったり、生態系に悪影響を及ぼす移入種があったりと、オーストラリアの生態系を垣間見ることができるのですね。また来年のワイルドフラワーの時期が楽しみです!

  • スカボロ小との合同運動会

    運動会

    9月2日(火)にスカボロ小学校(SPS)において、2014年度運動会が開催されました。 毎年、パース日本人学校(JSP)の運動会は、国際交流の一環として現地校のスカボロ小学校と共催しています。今回も、JSP・SPSの子どもたちが一緒になって、運動会を共に楽しみました。特に玉入れや綱引きなど、普段オーストラリアの運動会では見ることができない日本式の競技に、SPSの子供たちは大喜び!JSPが披露した南中ソーランでは、SPSの子供たちや保護者の方々の目が釘付けでした。時折、小雨が降る不安定な天候でしたが、子供たちの元気は万国共通、大いに盛り上がった運動会でした。

過去の学校便りを見る>