• home-slide-1
  • home-slide-2
  • home-slide-3

ようこそ!JSPパース日本人学校へ

日本にはない日本の教育 -日本の教育 未来形―

レベルの高い日本の義務教育

日本の小学校では2011年度、中学校では2012年度から新学習指導要領に準拠した教育課程を取り入れています。脱ゆとり教育を目指し、大きく舵を切った日本の義務教育、学ぶ内容も増え授業時間数が大幅に増えています。これに伴い、学習の難易度も上がっています。
パース日本人学校では、この日本の法定時間数を上回る授業時数を確保し、更なる学力向上を図っています。
世界でもトップレベルの日本の義務教育をオーストラリアでも受けることが可能なのは、パース日本人学校の最大の魅力といえます。しかも同時に英語力も伸ばせるとしたら・・・、これこそ日本の教育 未来形です。

母語の確立は最も重要

母語としての日本語を確実に身につけ、日本語でしっかりと思考したり、しっかり判断したりする力を培うことは、こどもにとって生涯にわたる大きな財産となります。そのためには小学校低学年から、必要な時期にきちんと習得することが大切です。

国際人に求められる力とは?

せっかく英語圏に来たのだから現地校へ通って国際人に?
そんな簡単なものではありません。
現地校に通っただけではバイリンガルにはなれません!国際社会で活躍するには 日本人として日本語はもちろん、規範や考え方、そして豪州や国際社会への 理解を両方ともバランス良く学ぶことが重要です。
パース日本人学校では、 帰国した時に日本の学校生活で困らないよう、学習面、生活面の指導を徹底しています。

帰国生入試は万能か?

現地校へ通って「帰国生入試」で中学・高校に入学する、本当にこれで大丈夫ですか?英語に頼りすぎることは危険です。
帰国して先ず問われるのは、やはりしっかりとした日本の学力!
今、本当に必要なのは何か?少し先を見て、こどもの進路を考えることが重要です。

 確かな学力と豊かな人間性をバランス良く育む日本の教育。
いずれ日本に帰るのなら、迷わずパース日本人学校へ!

学校便り

  • スカボロ小との合同運動会

    運動会

    9月2日(火)にスカボロ小学校(SPS)において、2014年度運動会が開催されました。 毎年、パース日本人学校(JSP)の運動会は、国際交流の一環として現地校のスカボロ小学校と共催しています。今回も、JSP・SPSの子どもたちが一緒になって、運動会を共に楽しみました。特に玉入れや綱引きなど、普段オーストラリアの運動会では見ることができない日本式の競技に、SPSの子供たちは大喜び!JSPが披露した南中ソーランでは、SPSの子供たちや保護者の方々の目が釘付けでした。時折、小雨が降る不安定な天候でしたが、子供たちの元気は万国共通、大いに盛り上がった運動会でした。

  • 走りぬいたマラソン大会

    マラソン5月30日(金)にマラソン大会が開催されました。毎年この時期は天候が心配ですが、当日は空模様にも恵まれ、絶好のマラソン日和となりました。平日にも拘らずたくさんの保護者の方々にも参加を頂き、「子どもたちには負けない!」とばかりに一生懸命走って頂きました。1,2年生は1000m、3年生以上は2000mと3000mに分かれレーススタート、みんな好タイムでゴールしました。これも日ごろの練習の成果か、マラソンはまさに自分と戦うスポーツですね。上位入賞者にはPTAからトロフィーとメダルが授与されました。来年も目標を立てて頑張りましょう!

  • 小学部修学旅行に行ってきました

    Y61 y625月7日から9日の2泊3日の日程で、小学部6年生8名が心待ちにしていた修学旅行へ行ってきました。この旅行には①自主自律②クラスの仲間作り③総合的な学習で学んだことの実地検証という3つのめあてがあり、これを達成するために一同頑張りました。行き先は、オーストラリアのアウトバック体験ができるボーシャック、宇宙を学べるグラビティーセンター、南極の砂から出来たランセリン大砂丘。またジュリアンベイで海のことを学び、日本に伊勢海老を輸出する工場見学、そして太古の生物ストロマトライトを見学。最後は荒野の墓標ピナクルズに立ち寄り、学校に戻るという大紀行でした。 少し残念だったのは、最終日に予定していたシュノーケリングが海の状況が悪く中止になってしまったこと。西豪州の海洋生態系を自分たちの目で確かめたい、と楽しみにしていたのですが、自然の力にはかないませんでした。この2泊3日の修学旅行で少し逞しくなった6年生、卒業までの残り10ヶ月を有意義に過ごしましょう!

過去の学校便りを見る>