ようこそ!JSPパース日本人学校へ

日本にはない日本の教育

レベルの高い日本の義務教育

日本の小・中学校では現在、新学習指導要領に準拠した教育課程を取り入れています。小学校1年生は漢字を80字(小2 160字・小3 200字)習い、小学校2年生はかけ算九九を習得します。

パース日本人学校では日本の標準の小中学校を上回る授業数を確保し、基礎学力の定着に努めています。子どもたちの実力は編入・進学先の現地校、そして日本の学校でも高く評価されています。

 

母語の確立は最も重要

パース日本人学校では、思考、学習表現としての言葉として基礎となる日本語を大切にしています。子どもたちは日本語でしっかりと考え、きちんと判断する力を身につけることで、将来日本で、もしくは海外で生活する場合でも、高等教育や将来の仕事で大変役立つ日本語力を身に付けることが出来ます。基礎教育で得られる日本語は、子どもたちにとって生涯にわたる大きな財産となります。

親子とも安心して学校生活を楽しみ、学習に取り組める環境

駐在家庭のお子さまは特に、数年間という限られた在豪期間の通学となります。慣れない学校システムや英語に苦労している間にも勉強はどんどん進んでいきます。JSPでは日本の学校と遜色ない授業内容・行事編成をしつつ、パースという土地の利点や特性を活かした特色のあるカリキュラムを提供しています。これにより、日本の学校の勉強に遅れをとることなく、更に深い理解・進んだ知識を得ることができ、帰国時にはより高い学力をつけている生徒も大勢います。

真の国際人となるために

保護者の皆さまは、このオーストラリアで子どもたちの豊かな人間性を育みながら、日本人としての感性も大切にしたいと思いませんか。パース日本人学校では、道徳授業やさまざまな教科、生活場面で日本の生活文化・習慣・規範を習得させるとともに定着を図ります。日本文化・社会を理解し、日本の規範や考え方を身につけ、英語など他言語や異文化・国際社会への教養を得て真のグローバル人材となる、そんな心豊かで視野の広い子どもたちの育成を、JSPはめざしています。

JSPの英語教育

パース日本人学校では、日本人の英語習得における弱点や傾向を熟知した経験豊富なネイティブ講師と日本人のバイリンガル英語教員が、生徒一人ひとりの転入学までの英語環境を考慮しつつ、1クラス2教師制のチームティーチングなどを通じて、個別の実力に合わせた英語教育を行っています。日本の小学校で行われている英語活動とは異なり、小学生にもきちんとフォニックス・文法を習得させます。

移民国家であるオーストラリアではESL教育が存在しますが、現地校のESLクラスにはさまざまな国から来たそれぞれに言語環境の異なる生徒が在籍します。日本人としての言語環境に特化した英語教育はJSPならではの特徴です。

JSPの先の進路を見すえて

パース日本人学校では、確かな学力と豊かな人間性をバランス良く育む日本の教育を提供します。これからの世界を背負う子どもたちのために、ぜひ日本人学校での学習を経験させてみてください。

■小学校低学年のお子様をお持ちの皆様 (Y1-Y2)

低学年の充実した教育課程を通じて、日本人学校で基礎的な教育、日本の文化・規範を身に付けることが出来ます。学習言語としての日本語が定着するのはこの時期です。

■小学校低学年から中学年のお子様をお持ちの皆様 (Y3-Y4)

日本語が定着し発展する大切な時期を、ぜひ日本人学校で過ごさせてください。本校の英語授業と合わせ、日頃の英語環境の中で身につけた語学力で本校から現地校へ巣立つ子どもたちも多くいます。JSPを巣立った子どもたちは現地校に進学後も問題なく溶け込み立派な成績を修め、それぞれの進路に進んでいます。

■小学校高学年から中学生のお子様をお持ちの皆様 (Y5-Y9)

中学卒業後、日豪の上級学校への進学に向けて、十分な学力が身につくよう指導します。

進路についての不安にも、ベテラン教員が相談に応じます。

 

 確かな学力と豊かな人間性を育む日本の教育と

豪州の私立学校という性質も持ち合わせたJSP。

次世代を担う子どもたちに日豪の融合した学習環境を!

学校便り

  • サンドアート

    10月13日 1、2年生が、砂を使って図工の学習を楽しみました。 砂は粘土とちがい、なかなか固まってくれません。 そんな時は、水を足して好きな形を作ったり、模様を付けたりしました。 トンネルを作る子や、木の枝などを使ってお城をデザインする子などできた作品は様々。 日差しの強い中でしたが、体全体を使ってサンドアートに励みました。  

  • 女子栄養大学の平田先生の講習

    9月21日 私たち職員が、女子栄養大学の平田先生の講習を受けました。 日ごろの子どもへの接し方を、客観的に振り返ることができる研修でした。 教員同士では気づかない点を、各種調査によって出された結果を基に、学術的に説明してくださいました。 教員が指導で悩む点や、つい出していしまいがちな指示などに対しても、子どもの視点に立って考えることができました。 現在の私たちの指導方法に満足することなく、新たな視点から教育を見直すきっかけとなりました。

  • 参観が行われました

    9月8日

    担任による授業参観が行われました。

    道徳や算数の授業を展開し、多くの保護者の方々にも来ていただきました。

    道徳では、題材に対して自分の考えを伝えたり、友達との考え方の違いを感じたりすることができました。

    また、今回は本校入学を検討されている方も来校し、参観されました。

    授業を参観していただき、落ち着いて学習に取り組んでいる様子に感心されていました。

    また、在籍している保護者の方にとっても、お子さんがどのように授業に臨んでいるのかを観る良い機会となりました。

    次の授業参観は、3月2日です。

    次回は、学年最後の授業参観になりますので、子どもたちが一年間でどのように成長したのかを感じることができることでしょう。

    9月12日

    英会話の授業参観が行われました。

    日本では次回の学習指導要領でも、外国語活動や英語の教科化などが明記されるなど、英語学習に本格的に力を入れ始めてきています。

    ここパース日本人学校では、母語である日本語と共に、英語の学習にも以前から力を入れています。

    小学部1,2年生は週3時間、3~6年生は週4時間、中学部が通常の英語の授業のほかに英会話の学習が週4時間取り組んでいます。

    パースに来たばかりの児童は、フォニックスに取り組んで学習をしたり、スペリングの書き取りをしたりします。

    英語に慣れてきている児童・生徒は、英語での会話を行ったり、自分の考えを英作文したりとレベルに合わせた活動をしています。

    学んだことを、私生活でも是非いかしてください。

過去の学校便りを見る>